<< 万年筆デビュー | main | ご報告 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
ひとこと小ネタ
 おはようございます。
山田です。

ファイルを作りたい! となったとき、欠かせないのが元となる生地。

人気なのはやはり一般的なプラスチック(P.P)の素材。

ただ、このP.Pの生地は選択肢がたくさんあり、色、サイズなど、かなり悩むポイントだと思います。

同時に、少しイメージしていただきたいのが「生地の厚み」。

参考までに、「クリアフォルダー」と呼ばれる、紙を数枚はさむ(おまけ等でよくもらえるようなあれです。)の生地はおよそ0.2ミリくらい。

よく皆さんが「ふつうのその辺に売っているような」とおっしゃる、一般的なバインダー、クリアブック等であれば0.75ミリくらいの厚みがあります。

「しっかりしたのが!」とおっしゃられら方でおおよそ1.0ミリ、「もっと分厚い生地がいい!」となると1.2ミリくらいになってきます。


一般的には厚みが増すほど金額も高くなります。もちろん厚みは細かくお選びいただけますのでこのあたりを基準に薄め、厚め等ご希望をおっしゃって頂ければイメージもしやすいかな。と思います。

カテゴリ:文具ファイル | 07:58 | - | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 07:58 | - | - | -
この記事のトラックバックURL
http://kimukou.jugem.jp/trackback/201
トラックバック