<< 家庭菜園 | main | アカヤガラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
空手の試合

こんばんは、城戸です。

長男が空手に行くようになって初めての大会がありました。


今回は型と組み手とある中の型に出場します。

万博公園の外周道路近くに洗心館と呼ばれる空手や柔道などの道場があり、

ここが会場となりました。



吹田市には何か所か空手道場があり、今日はその各道場の幼児から

中学生までが集結していてすごい人数です。


長男の試合は午前中だと思って朝早く出掛けたのですが、

ドロー表を見ると午後からになっていました。


緊張がいっぺんに緩み、とりあえず他の試合を観戦することにしました。



空手の試合観戦は生まれて初めての経験だったのでかなり面白く、

興味深いものでした。


上手な子、まだうまく出来ない子、いろいろなのですが、一番感じたのが

空手に対する姿勢の違いです。


センスの違いというのは、運動する時に必ずあり、個人差として

ずっとつきまといます。しかし、打ち込む姿勢は本人の意思によって

変える事が出来ます。


空手に対する姿勢がまっすぐな子はうまいへた関係なく迫力がありました。


そしてこれから上達するだろうな、と感じます。


残念ながら、好きだけど打ち込む姿勢まではまだ感じられない

我が家の長男はアッサリと負けました。


さすがに悔しかったのか、終わったあとすぐに私達の所に

帰ってきませんでしたけど。



これをバネに打ち込む姿勢が出来ればいいのですが、どうでしょうね〜。







カテゴリ:子育て | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 21:24 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック